活 動 報 告        
 JR姫路駅周辺高架化が完成!!
 平成20年12月22日9時、駅西側自由通路のオープニング式典、開通記念パレード、姫新・
播但線列車出発式典をはじめ、11時からは市内ホテルで「JR姫路駅付近高架完成記念式
典」が、榊国土交通審議官、井戸知事、石見姫路市長、県会・市議会議員等、地元の自治
会、幼稚園児など、約300名が参加して盛大に開催された。

 これまで計画から20年近くの歳月と、609億の巨費を投じ、姫新・播但両線の高架切り替
えをもって、姫路駅周辺の山陽本線など、すべての高架工事が完成した。これから高架完
成により、本格的な駅前整備がはじまり、新しい姫路の顔となるまちづくりや、踏切除去など
姫路駅周辺の南北交通渋滞緩和による、大きな効果が期待される。 
           
     石見市長挨拶              喜びのテープカット          お祝いのくす玉割り   
            
    祝賀記念のパレード      井戸知事の完成記念挨拶        榊国土交通審議官と共に
 20年度予算特別委員会で県当局を質す!!
 平成20年2月29日〜3月17日、県議会20年度予算特別委員会が開催され、北条やすつぐ
は、委員として下記部局の歳出審査について、当局を質した。
 教育委員会質疑では、学校厚生会の県よりの補助金9億800万円の使途について当局に
質問。「補助金の半分が、会員に直接還元されない間接経費に回っている」と指摘、「補助
金のあり方を抜本的に見直すべきだ」と質した。

 この質疑が、翌日の神戸新聞朝刊に4段見出しの記事として大きく報道された。
                              兵庫県議会予算特別委員会質疑
                              予算特別委員会の新聞記事ダウンロード

 3月10日 歳出審査:産業労働部、労働委員会
  1 姫路菓子博2008について
    (1)概要について
    (2)交通対策について
    (3)交通対策のPR・周知について
  2 兵庫県における「おもてなし」の向上について
  3 ものづくり大学校について
    (1)今後の教育研修施設の整備スケジュールについて
    (2)体験施設機能の今後について

 3月11日 歳出審査:農林水産部
  1 都市近郊農業の振興について
    (1)都市近郊農業の現状の評価について
    (2)都市近郊農業の振興について
  2 県民緑税を活用した森林の保全・再生の実績と検証について
  3 県産木材供給センター構想について
    (1)事業主体の決定と経緯と現状について
    (2)今後の課題とその支援について

 3月12日 歳出審査:県土整備部
  1 姫新線高速化事業について
    (1)進捗状況と完成予定について
    (2)沿線における利用促進の取り組みについて
    (3)事業完了後の増便対策について
  2 県道の路肩のカラー舗装について
  3 播磨臨海地域道路の着工に向けた取り組みについて

 3月13日 歳出審査:教育委員会、企画管理部教育課及び大学課
  1 スクールカウンセラーの拡充について
  2 特別支援学校等における教員の育成等について
  3 スクールアシスタントについて
  4 学校厚生会への補助事業について

     
       県当局より県行革1次プラン(案)が示され、20年度予算案について白熱した審議が続く
 テクノポリスに放射光ナノテク研究所が建設される!!
 平成20年2月15日午後1時30分、播磨科学公園都市にある大型放射光施設「SPring―8
(スプリング・エイト)」に、 放射光の産業利用を促進する目的で建設された兵庫県の新施設
「兵庫県放射光ナノテク研究所開所式典」(佐用町)が井戸知事をはじめ、関係者約150名が
出席して盛大に開催された。すでに同施設は1月 25日、供用を開始している。

 スプリング・エイトに県が設置した専用装置を利用して研究する企業や大学を、同研究所を
通じて支援し、 県専用装置の利用促進をはかるため建設された。
 新研究所は2階建てで、延べ床面積1600平方メートル。投資額は約4億7000万円。
企業がスプリング・エイトで材料分析などをする際、小型分析器で事前実験をできるように ナ
ノテク研究所内に分析室を6室設置し、実験効率の向上を支援する。
 企業や大学がスプリング・エイトに短期間だけ常駐して研究できるように、県との共同研究
室も10室設置する。 すでに住友ゴム工業の子会社、SRI研究開発(神戸市)や、東京大学の
放射光連携研究機構などが入居を決めている。
            
    井戸知事の開所挨拶        研究員より装置の説明         松井ナノテク研究所長と
 難聴者・中途失聴者団体の皆さまと国に要望!!
 平成20年2月8日午前11時、総務省に谷口隆義総務副大臣を訪問し、難聴者・中途失聴
者等、聴覚障害者の国政選挙に関する要望を、(社)高岡全日本難聴者・中途失聴者団体
連合会(全難聴)、川井副理事長、酒井神戸市難聴者協会副会長、河野事務局長はじめ、
要約筆記ボランティアの皆さまと共に行った。この後、厚生労働省を訪れ、伊藤渉政務官に
舛添厚労大臣あての同種の要望を行った。

 高岡理事長は、難聴者・中途失聴者等は、選挙実施時に音声情報が入らない上、視覚情
報が少ないため国民の権利である参政権を行使することが困難な状況を説明。
 1、政見放送に、字幕や手話通訳の義務化。
 2、街頭演説会などに、要約筆記など情報手段を配備。
 3、選挙活動で、文書利用を許可。
 4、参政権行使に関する、研究会の設置。
 午後より、衆参議員会館で、太田党代表、斉藤党政調会長、冬柴国交相、北側党幹事長
井上、赤羽衆議院議員、浜四津党代表代行、山本経産大臣政務官の議員事務所を、高岡
理事長等と訪問し、上記の要望を重ねて行った。これには、赤松衆議院議員、松田政調会
長、下地議員、北条やすつぐが同行した。
    
 谷口総務副大臣に要望  難聴者の窮状を訴える    伊藤政務官に要望   聴覚障害者支援を要望 
 但馬・丹波地域を管内調査!!
 平成20年1月29日〜31日、県議会健康生活常任委員会管内調査で、但馬、丹波地域の
福祉、医療、保健等、県民生活の向上をめざし視察を実施した。

 朝来市多々良木では、山間地域の環境に配慮した揚水式としては、世界第2位の「奥多々
良木発電所」を調査。
 豊岡市では、太陽電池による次世代エネルギー開発で、地球環境を守るアモルファスシリ
コン太陽電池生産能力で、世界第1位を誇る「カネカソーラーテック(株)」を調査。
 同市の「県豊岡こども家庭センター」では、但馬地域の過疎化の進行、少子高齢化による
地域福祉力の低下など、複雑・多様化している児童、家庭問題などを中心に調査。
 養父市八鹿町の「県立但馬長寿の郷」では、過疎・高齢化が急速に進行する但馬地域に
おいて、保健医療福祉の一体的推進と、都市との農山村の交流拠点づくりを調査。
 養父市大屋町の(社福)さつき福祉会 知的障害者更生施設「琴弾の丘」では、入所施設と
3ヵ所の作業所を職住分離、地域資源を活用しての地域生活の推進状況を調査。
 養父市八鹿町の「公立八鹿病院」では、平成16年1期工事、18年の2期工事、19年8月に竣
工した22診療科目、420床の地域総合病院としての取り組み状況を調査。
 丹波市の県社会福祉事業団 高齢者総合福祉施設「丹寿荘」では、特養ホーム、介護老人
施設、通所介護など、全室個室ユニットケアで老人介護の先進的取り組みを調査。
 その他、県立柏原病院また、但馬県民局、丹波県民局等、福祉・医療・保健・衛生・環境な
どを調査した。
    
  地下発電所での調査   巨大な発電設備に驚く 太陽光発電のシステムを調査 太陽電池パネル製造工場
    
  こども家庭センター前で   中井センター所長と      吉村長寿の郷長と   正垣琴弾の丘施設長と
    
 八鹿病院ロビーコンサート   岩井八鹿病院長と    丹寿荘リハビリ室で     市野丹寿荘所長と
 東京で都道府県議会議員総決起大会が開催される!!
 平成20年1月23日正午、東京の憲政記念館で「道路特定財源堅持を求める都道府県議会
議員総決起大会」が、冬柴国土交通大臣、伊吹自民党幹事長、石原東京都知事をはじめ、
超党派の都道府県議と国会議員等、約500人が出席して、道路特定財源の暫定税率維持な
どを求める大会決議を採択した。

 決起大会終了後、衆参議員会館で、冬柴国交相、赤羽、赤松衆議院議員、山本香苗、浮
島参議院議員の各事務所を訪ね、上記要望を行った。これには、松田政調会長、北条やす
つぐが出席した。
    
  冬柴国交大臣の挨拶  伊吹自民党幹事長の挨拶  石原東京都知事の激励  憲政記念館のロビーで   
 2008防火・防災の決意も新たに姫路市消防出初式を挙行!!
 平成20年1月6日午前9時30分、市川河川敷東阿保緑地で「姫路市消防出初式」が、齋藤
副知事、石見市長、大和消防局長はじめ、市消防局職員や市内各地の消防団員、各種団
体代表等、約1,200名と消防車両等86台、ヘリコプター1機が参加して、盛大に開催された。

 例年は、姫路城北のシロトピア公園で開催されていたが、本年4月からの「姫路菓子博」で
使用されるため現地となった。飾磨消防団員による、勇ましいはしご乗り演技や保育園児に
よる和太鼓演奏等が披露され、緑地公園は寒風のなか駆けつけた約1,500名の市民でにぎ
わった。
     
     石見市長の挨拶   飾磨消防団はしご乗り演技  整列した消防団車両      石見市長と共に
 兵庫・姫路の発展を誓い新春の街頭演説をスタート!!
 平成20年1月5日午前9時30分、勝原区宮田交差点で、木村市議会議員と共に。午前11時
より、姫路リバーシティー西駐車場沿いの道路で、水野市議会議員と共に、本年最初の街頭
演説を実施しました。

 また、2月16日午後4時、白浜のマックスバリュ東山店前で、水野市議会議員と共に街頭を
実施。歩行者の皆さまや車から「北条ガンバレ!!」との声援をいただき勇気百倍の出発となり
ました。
       
   勝原区宮田交差点での街頭  姫路リバーシティー西側道路にて街頭   マックスバリュ東山店前で街頭
 2008年の新春を祝う姫路市新年交礼会が盛大に開催される!!
 平成20年1月4日午前11時、姫路商工会議所で「姫路市新年交礼会」が、石見市長、原田
県民局長、灘市議会議長、尾上商工会議所会頭、国会、県会、市議会議員はじめ、政官、
経済界、各種団体の代表等、約1,000名が出席し、盛大に開催された。

 年頭あいさつに立った石見市長は、4月に開催される姫路菓子博2008の成功、南北交通一
体化、駅前広場、大手前通りの改造事業計画の表明や、市民が注目している松下電器の液
晶パネル工場進出計画の話題をおりまぜながら、姫路市活性化への決意を語った。
    
  姫路市発展を願い乾杯   政官財の代表が歓談    お城の女王も応援に     石見市長と懇談
 余部校区発展を願う皆さまが集い新年を出発!!
 平成20年1月1日午後13時30分、市立余部公民館で「余部校区新年交礼会」が、松本連合
自治会長、山田連合婦人会長、福井連合老人会長、谷口余部小学校長はじめ、地域の各
種団体の代表の皆さま多数が出席して、新年の出発を祝った。

 会場では、昨年に引き続き防火・防災に活躍する消防団活動や、地域防犯グループ、揖保
川環境ボランティア、地域夢プランの話題など、校区の発展を願う皆さまの、にぎやかな笑い
声がひろがる交礼会となった。
              
          会場では校区発展を願い様々な話題に花が咲く         松本連合会長、山本幼稚園長と    
 輝く未来へ西姫路が新年交礼会を開催!!
 平成20年1月1日午前11時、網干市民センターで「西姫路新年交礼会」が、石見市長、嵯峨
副市長、市幹部はじめ、西姫路地区の各種団体や自治会、婦人会、消防団、民生、老人会
等の代表約250名が出席して、盛大に開催された。

 西姫路の幕開けは、各界の代表が集う恒例の新年交礼会で毎年出発する。新年を迎え、
網干の埋立地では、新美化センター(あぼしエコパーク)が建設着手、3月15日めざして、JR
はりま勝原駅の開業など、明るい話題も飛び出すスタートとなった。
            
     石見市長の新年挨拶        西姫路の発展を願い鏡開き      ひめかちゃんもお祝いに登場
 元旦恒例の網干消防団出初式で新年がスタート!!
 平成20年1月1日午前8時30分、市立網干小学校グランドで「網干消防団出初式」が、谷本
網干支所長、飯塚網干消防署長、水田網干警察署長はじめ、網干防火協会、8校区連合自
治会長、婦人会等、来賓40名と消防団員120名、消防車両6台が寒風の中、勢揃いしての出
初式となった。

 今年の出初式は、地区輪番で網干分団が担当し、見事な“はしご乗り”の演技が行なわれ
た。また、優良団員に対する市長、団長表彰も行なわれ、防火・防災の決意も新たに出発し
た。
    
    中田団長の抱負      優良団員に表彰    見事なはしご乗り演技    中田団長と共に